◆1万円以下◆高音質でコスパのいいおすすめイヤホン /B.A.L 推奨

2017年6月21日

安いは正義

高いイヤホンの方が総じて良い物が多いのは事実ですが、安いからといってダメなわけではありません。

その価格帯なりに良いもの、悪いものというのがあると思います。

なのでカスタムや高級イヤホンを買った今でも、安価なイヤホンで良いものを探したりしています。

中華輸入とか色々と手を出せばコスパのいいイヤホンは見つかると思いますが、ここでは国内で普通に買えるものという前提で考えてみようと思います。

一万ちょっとを超えると結構いいなと思うイヤホンは見えてくるのですが、あえて一万円以内でおすすめのイヤホンを絞ってみました。

SATOLEX Tubomi DH299-A1

バランスの良いイヤホン


アルミ削り出し筐体で全体的に中高低とバランスのとれた音のするイヤホンです。
この値段でよくまとまっていて普段使いにも良いですね。
これより安価なシリーズもあるのですが、音質にはかなり差があるのでこちらをおすすめします。

■評価■
音場★★★
解像感★★★
遮音性★★★
音漏れ★★★

■スペック■
型式:密閉ダイナミック
ドライバーユニット:Φ9㎜
音圧感度:104db/mW
最大入力:100mW(JEITA)
インピーダンス:32Ω
再生周波数帯域:20Hz~45,000Hz
質量:11g(コード・プラグを含む)

 

ETYMOTIC RESEARCH mc5

とにかく遮音性重視


全体的にフラットでバランスは良いですが、帯域が狭く感じます。
装着感にもクセがありますが、遮音性はピカイチです。
遮音性を第一に考えると外せないイヤホンです。

■評価■
音場★★
解像感★★
遮音性★★★★
音漏れ★★★★

■スペック■
形式:密閉 ダイナミック型
ドライバーユニット:Φ8㎜
再生周波数帯域:20 ~ 15,000Hz
インピーダンス:16Ω
最大出力音圧:120dB SPL

 

茶楽音人(さらうんど) Co-Donguri雫(SHIZUKU)

高域重視で綺麗な音


こちらでもレビューしています。
人によって高音出すぎか評価が分かれるイヤホンですが、歪の少なく音が綺麗に鳴るイヤホンです。
かといって低音が全然出ないとかではなく、きちんとベースの帯域も出て、音場も広いです。

■評価■
音場★★★★
解像感★★★★
遮音性★★
音漏れ★★

■スペック■
ドライバーユニット:Φ10mm ダイナミック型
音響方式:トルネード・イコライザー方式、密閉型
出力音圧レベル:106 dBSPL/mW
周波数特性:5Hz~40kHz (ハイレゾ対応)
最大入力:200mW
インピーダンス:18Ω
質量 :約16g

FOSTEX TE04

リケーブルも可能


中高域と低音のバランスが良くてこの価格帯でリケーブルも可能(MMCXではない)と長く使えるイヤホンです。
低音は控えめではなく迫力のあるタイプなので、バンドサウンドに向いています。
あっさり系のイヤホンはちょっと…という方におすすめです。

■評価■
音場★★★★
解像感★★★★
遮音性★★
音漏れ★★

■スペック■
形式: 密閉・ダイナミック型
ドライバー:Φ8mm
周波数特性:10Hz~25kHz
インピーダンス:16Ω
感度: 94dB(1kHz、1mW)
最大入力:5mW

ZERO AUDIO ZH-DWX10 DUOZA

この価格帯で2BA


2BAでダイナミックのイヤホンとは違ったサウンドを味わえます。
バランスは低音よりは高域よりの解像感ある音です。
初めてのBAイヤホンとしてもオススメです。

■評価■
音場★★★
解像感★★★★
遮音性★★★
音漏れ★★

■スペック■
型式:デュアル・ダイナミック・スピーカー
プラグ:ステレオミニL型(Ф3.5mm)
コード:OFCコード1.2m(Y型)
質量:8.3g(コード除く)
出力音圧レベル:100dB/mW
再生周波数帯域:7Hz~40,000Hz
最大入力:150mW
インピーダンス:20Ω

KINERA Bd005E

HYBRID&MMCX

この価格でリケーブルが出来てBAとダイナミックドライバを搭載したハイブリッドのイヤホンです。
ぱっと見はSHUREのようにも見えますが、遮音性や音漏れは通常のイヤホンと同等です。
音のバランスは良いので初心者にオススメです。

■評価■
音場★★
解像感★★★
遮音性★★★
音漏れ★★

■スペック■
ドライバー:ダイナミック型×1+アーマチュア型×1
ケーブル:1.2m 3.5mm/MMCXタイプ
インピーダンス:12Ω
周波数特性:20~20000Hz
感度:103+-3dB
重量:約30g

■番外編!

 

■KZ ZS5

なんと2BA+2DD!


こちらでもレビューしていますが、この価格帯でリケーブル(KZ)2BA+2DDのハイブリッドと考えられないスペックになっています。

Campfire AudioのIEMのような見た目なので、好き嫌いがあるかと思いますが、音はいいです。
まだ100時間エージングを終えたばかりですが、私的に高評価でとてもオススメできるイヤホンです。

■評価■
音場★★★★
解像感★★★★
遮音性★★★
音漏れ★★

■スペック■
ドライバー⇒2DD+2BA
インピーダンス⇒18Ω
音圧感度⇒106dB/1mW
再生周波数帯域⇒20Hz~20kHz
ピンタイプ⇒KZ2pin

■Xiaomi Xiaomi In-ear Hybrid Earphones Pro HD

1BA+2DD!高域がいい


↑Amazonでは旧タイプのものも売られていますが、こちらが同じものになります。
こちらでもレビューしていますが、この価格帯で1BA+2DDでダイナミックはグラフェンコート振動板です。

見た目からするとたいしたイヤホンではないんじゃないかと思えてしまいそうですが、値段から考えるとかなりの良イヤホンです。
高域が特徴的です。

■評価■
音場★★★★
解像感★★★★
遮音性★★
音漏れ★★

■スペック■
ドライバー: 1BA+2DD
再生周波数帯域: 20 – 40KHz
インピーダンス: 32ohms
音圧感度: 98 dB (S.P.L at 1KHz)