所謂モニターサウンドとフラットなサウンドについて / B.A.L

先日、友人Aといつものようにオーディオ話をしていて、そもそもモニターとかフラットってどういう事?って所から始まりいつのまにかモニター論争に発展したので、自分なりにまとめるために書いてみようと思います。

モニターの種類

録音用モニター
ミックス用モニター
マスタリング用モニター
集音用モニター
ライブ用モニター
DJ用モニター

様々な用途のモニターが存在するのでモニター用というだけで一括りにはできないのが現状。

私が使用するのは録音用では
SONY MDR-CD900ST。
歌もギターもベースも他の楽器でもとにかく基本はコレ。
フラットではないが解像度の高い音でモニタリングしやすい。人によってはキンキンサウンドと言われる事も…

SENNHEISER HD6MIX
最近は歌録りの際にはこっちを使う事も。
フラットではないがボーカル帯域やエフェクトのノリがわかりやすい。

beyerdynamic DT 1770 PRO
ミックス・マスタリングで使うヘッドホンはもっぱらコレ。
フラットではないがとてもバランスが良く現代的でレベルの高いモニターヘッドホン。

FOCAL Spirit Professional

所有はしてないけど今一番欲しいヘッドホン。
DT1770PROとは方向が異なるが録音用でもミックス用でもマスタリング用でも使えそうと感じた。

いわゆるモニターヘッドホンはCD900STを代表とした高域がよく出ていて低い低音は少し弱めの物が多い。
audio technica M70x

beyerdynamic DT770

JVC HA-MX10-B

といったものは個人的にはCD900STと同系統の方向性のヘッドホンだと思います。
最近Phileweb等でプッシュされているオーテクのM50xは別系統のように感じました。

そして一般的に言うモニターの音というのもここに代表されるようなものが多いように感じています。
ちなみにCD900ST系のヘッドホンはいずれもフラットなサウンドではありませんのでモニター=フラットという思い込みは注意です。

余談ではありますが、私はCD900STをリスニングでも使いますが私にとってはとても好きな音です。

上記以外のモニターヘッドホンがフラットというわけでもありませんので、何を目的としたモニターなのか?
そこを考慮する必要があると思います。

これはイヤホンにおいても同様でSHUREがモニター用だからと言ってフラットな周波数特性のイヤホンだろうと思って購入すると全然フラットじゃなくて困った事になるでしょう。

上記のSHUREのイヤーモニターとは、演奏用ライブモニターの事なので周波数特定にフラットさは求めていないわけです。

ETYMOTIC RESEARCHのER4SやER4SRはフラットですが、装着次第でフラットではなくなってしまうので、人によっては低域が少なく高域強めと感じてしまう事もありますが、きちんと装着をすれば概ねフラットな周波数特性で聴く事が出来ます。

上記のようなものを全部一括りにしてしまうと、モニター論争の話がややこしくなるわけですね。

何かしらモニタリングするターゲットがあり、その中で細分化しているのでそういうものなんだと受け止めて考える必要があるのではないでしょうか。

フラットの定義って?

ところでこのフラットというのは具体的にはどういうものをフラットというのでしょうか?

詳しい方はご存知でしょうが、イヤホンを測定してみてそのグラフがフラットだったからフラットなイヤホンだ!となるわけではありません。

実際の音響環境を前提とした周波数特性カーブがあり、それをあてはめる事によって聴感上に近いグラフにしています。

このカーブ自体も多数ありフリーフィールドカーブや現代とは割とよく使用されるディフューズフィールドカーブに近年登場してきたハーマンフィールドカーブ等存在しています。

生のグラフと割と一般的なDFカーブ(ディフューズフィールドカーブ)を適用したグラフを掲載している所が多いように感じます。

このDFカーブに添ってフラットな周波数特性を目指したのがETYMOTIC RESEARCHのER4SやER4SRとなります。

測定データを公開しているサイトは多数ありますが、測定条件もあれば生のグラフを公開していたりDFカーブを適用しているグラフを公開していたり、そこに独自の条件を適用させたグラフを公開したりと様々なデータがありますが、あくまで同条件の測定のみでの比較が成り立つという考え方が基本です。

ですが、同じ物を測定しているAサイトのデータとBサイトのデータを見比べてその差を知り、そこからBサイトの測定だとこのグラフより高域が出ているんだろうなといったような推定する事は出来ます。

あくまで目安となります。

下のグラフはER4SRの測定グラフです。

生グラフ

↑このRawDataでは全くフラットな周波数特性ではありません。ですが…

Diffuse Field Target適用

↑DFカーブを適用すると割とフラットに近くなります。
ER-4Sがフラットと言われるのはDFカーブにおいての話です。

Harman Target適用

↑こちらはハーマンフィールドカーブを適用したグラフです。
フラットではなくむしろ低域が弱めで高域もよく出ているように見えますね。

一言でフラットと言ってもどのフラットなのか?
そこがメーカーや人によって異なるので言葉だけでフラットなのねって思っていても自分の思っているフラットとは全く違う事があるわけです。

どのグラフが自分の聴感に一番近いのか?
またどの程度聴感と異なるのか?
そこがわかれば実際に聴かなくてもどんな周波数バランスになっているかは想像がつくようになるでしょう。

あくまで周波数特性の話です。
新しめのハーマンフィールドカーブも定番と言えるほど普及していないですし今はまだDFカーブの全盛期でしょう。

私はER-4SRはきちんと装着すればフラット(DFカーブ)なバランスのイヤホンだと感じますが、きちんと装着してもDFカーブが合わない人なら低域が弱い高域が強いと感じる事もあるのでしょうね。
ミックスやマスタリングをイヤホンでする人はまずいないでしょうが、低域が強く高域が弱めのイヤホンはリスニング系イヤホンではよくあるのでそういったものを選択すれば良いと思います。

私や周囲を見てきた限りイヤホンでレコーディング・ミックス・マスタリングをする人はゼロです。

まずモニタースピーカーでチェックをするわけですが、大手のスタジオにあるようなモニター用スピーカーが低域が強い高域が強いという事はないように思います。

奥の壁にモニタースピーカー

モニタースピーカーで高域ガーっていうのは個人でも業務でもかなり使われているテンモニ(YAMAHA NS-10M)の印象が強いのかもしれませんね。

有名なYAMAHA NS-10M

モニターは堅い音で聴き疲れするとかモニターは低域が出ずに高域が強いというのは、あくまでレコーディング用モニターヘッドホンやイヤホンでの感想なのでしょう。

必ずしもそうではありません。

つまりは?

フラットだモニターだと言ってもそれはあくまでも選ぶ指標・目安にしかならないという事です。

モニターだからと言って高域が目立ち低域が弱いわけではないですし、モニターと言っても中域を軽くプッシュしてるようなボーカルモニターぽい物もありますし様々です。

リスニング用は聴き疲れしないようにあえて高域を落としているものもありますが、ハイエンドのリスニング製品はそういった部分はないように思います。

個人的にはベイヤーの1770PROはフラットなモニターではないですし低域がもう少し弱くてもいいかなと思いますが、実際にこれで作業すると現代的ないいバランスに仕上がります。

フリーフィールドカーブからDFカーブになりハーマンフィールドカーブといった新しいカーブも登場してきて時代と共にフラットの定義も変わっていくのかなと感じます。

ですが、定義は変わっても私自身がちょうどよいと思えるバランスはそう変わらないので、やはりそこを追求していくのでしょう。