ibasso DX200について!!  ※最終スペックとデザイン決定!!

2017年5月30日

iBasso DX200

最終スペックとデザインが決定したようです。

f:id:belltoneaudiolab:20161206152857j:plain

デザインはこちらの写真のものに決定
DACチップはES9028PROのまま
SDカードスロットは2つから1つに変更

アンプ部は交換可能。

消費電力の問題らしいですが、SDカードスロットが減ってしまったのは個人的にとても残念です。
その他は全体的に良さそうなままで期待できそうですね。

 

f:id:belltoneaudiolab:20161206152719j:plain

– Dual SABRE ES9028PRO DAC Chips.
– Bit for Bit Playback, Support up to 32bit/384kHz.
– Support of Native DSD up to 512x.
– XMOS USB Receiver with Thesycon USB Audio Driver, Easy to use USB DAC.
– Dual Accusilicon ultra low phase noise oscillators.
– 4.2″ IPS Screen (768*1280) with Capacitive Touch Panel, Bonded by OCA.
– Mini Optical Output and Mini Coaxial Output.
– 8-core CPU.
– 2GB LPDDR3.
– 64G of internal memory.
– 5G wifi and Bluetooth4.0.
– Patented user exchangeable AMP card.
– Three Physical Buttons (Previous, Play/Pauses, Next).
– 150-Steps Digital Volume Control.
– Audio Formats Supported: APE, FLAC, WAV, WMA, AAC, ALAC, AIFF, OGG, MP3, DFF, DSF, DXD.
– Support for M3U Playlist
– 4400mAh 3.8V Li-Polymer battery (Play time vary with AMP card)
– Micro SD card slot for expanded memory.

 

——過去——

私が日々気になっているibassoからDX200というフラッグシップのDAPが開発されているようです。
デザインはまだ確定していない様子です。

Head-fiでibassoの中の人の投稿がありますね。

1. K3368 CPU (the latest)
2. 2GB LPDDR
3. The DAC chip is the ES9028pro
4. Dual micro SD card slots (not enough room to use 2 SD cards and the price of micro cards is falling fast).
5. WIFI
6. Blue Tooth

ここまでは確定でしょうか。
ESSの新DACチップの9028PROが積まれるんですね。
筐体サンプルの写真からUSBはType-Cになっているように見えます。
Fiio X7のようにandroidプラットフォームを採用しているのかどうか?
モジュール式になるのか?
値段はいくらか?
この辺が気になるところです。
以下は三種のデザイン案です。

1

f:id:belltoneaudiolab:20160316164342j:plain

2

f:id:belltoneaudiolab:20160316164340j:plain

3

f:id:belltoneaudiolab:20160316164337j:plain