■ハイレゾ音源と非ハイレゾ音源の違いを聴いてみよう!4 / B.A.L 比較テスト

違いがわからない?

1~3の記事を見た友人Aが夜な夜な色々なイヤホンでスマホ、DAP、ポタアン、据置等のあらゆる環境で比較視聴を繰り返した結果、「違いがよくわからないんだけど!」と言われました。
趣旨的には

違いがわかるか聴き比べてみよう!

といったものですが、聴き比べて違いがわからないというのはそれは1つの答えなので、私は良いと思っています。

そして今回は捻りを加えて、更にもう1パターン用意しました。

どこがどのように違う音源なのかは後でネタバラシするとして…

まずは合計3パターンを聴き比べて、色々と考えてみてほしいです。

※計70Mと容量が大きいので、スマホ回線の方はWIFI接続してダウンロードする等、注意してください。

■音源-Eden

※止めるまで順番に流れます。

 

波の音

ピアノ

ギターソロ

消えていく音

楽園

 

正解は?

 

さて正解は…

 

 

ずばり…

 

 

eden1が純ハイレゾ音源でした。

 

いつも一番目がハイレゾだなというツッコミは置いておきますが、どうでしたでしょうか?

 

個人的にはCDクオリティ→ハイレゾよりも、ハイレゾ→CDクオリティという順番で聴いた方が差に気がつきやすいように感じています。

なので今までは一番目に持ってきていたのですが、次回以降(まだやるのか?)はランダムにするかもしれません。

マスター⇒24bit/96kで録音

eden1⇒24bit/96kでミックスダウン

eden2⇒16bit/44.1kにダウンコンバート

eden3⇒2のダウンコンバートした音源全体のピッチを僅かにアップ

ちなみに私の職場にいる、バンド野郎や地下アイドル、自称音にこだわっているという上司達にこの3パターンを聴いてもらったのですが、eden3がハイレゾだ!!と誰もが自信満々に答えていました。

正解ではありませんでしたが、違いを聞き分けるという意味ではよく聞き分けたものだなと思います。

確かに音源全体のピッチをあげただけのeden3が比較すると一番明るく聴こえる(微かに)ので=ハイレゾと思ったのでしょう。

音質的な意味では、eden1が最もピュアな音源です。

音程を上げる以外にも高域をちょっとあげるとかそういったことでも曲の印象は変わります。

達人の声

・バーニー・グランドマンはマスタリングではアナログ機器を通すからマスターが44.1kでも96kでこだわっていない。

・ハイレゾというだけで絶対にいい音だという考えは違う

・スチュアート・ホークスはハイレゾマスタリングをする場合、CDと同じセッティングで24bit/96kHzでマスタリングをする。

・扱える数値が大きければさらに素晴らしい音が出せるとは限らないので、96kHzで十分だと思っている。

・アイマスのハイレゾ音源はCDはよりもダイナミックレンジを重視するようになった。5~6dbは違う。

・FlyingDogのハイレゾは特別なことはしない、CDに落とし込む事による変化の過程を経ないマスターをそのまま聴いてもらいたい。

・菊地功さんは、ダイナミックレンジをCD版より1db落としたハイレゾ版はそのままだと音圧が弱くなるので音圧感が増したように感じるテクニックを使っている。

・フォーマットとしてのスペックが高いことと音の良さは別の話。

音の違いについて

上記の達人の声は最前線のプロはこういう考えてハイレゾを扱っているといったものです。

多くのエンジニアはダイナミックレンジを意識しているようですが、アーティストやレーベルの意向もあってCDに寄っている部分もあるようですね。

環境によって違いがわかりやすいもの、わかりにくいもの

ジャンルによって違いがわかりやすいもの、わかりにくいもの

そういったものは当然あります。

ですが、結局こういうのはハイレゾかどうかの違いというよりも「音の違い」に気づけるか否かという問題でもあるように、私は思います。

最前線のマスタリングスタジオではマスタリング=アナログ機器を通して音を作りこむのが定説でしたが、それは今も変わらないようです。

同じ2mixを完全にデジタル、アナログでマスタリングを行った場合グラフで違いが表れやすいのはデジタルの方だと思いますが、実際に聴いて音が良いのはどちらか?

そこが大事だと思いますし、そもそもの音の違いがわからないのなら、ハイレゾハイレゾとこだわる意味はないと私は思ってしまいます。

音が悪いと言われているmp3だって、音楽を楽しむ事は出来ますし元のCDでも楽しむ事は出来るし、ハイレゾの違いがわからなくても、ずっと聴いていくうちに感覚が理解するといった事もあるでしょう。

それとも使用している機器の問題という可能性もありますね。

どちらにしてもわかるようになっていくと、満足できない部分が出てきてしまうという事もあるのが悩ましい事です。

私が現状、感じる悩みというのはハイレゾ音源でもCDにダイナミックレンジを合わせていて、その為に音を潰してしまっている音源があるという事が第一に浮かびます。

聴く環境によっては、ダイナミックレンジが狭い=悪というわけではありませんが、私の好きなジャンルでは過剰に音を潰してしまっている音源が多いので、せっかくハイレゾでリリースするならそこだけはなんとかして欲しいと思います。

違いがわかるようになるには?

音源に含まれている情報を比較して聴くという事は、頭を使う、耳を使うという事です。

なんとなくCD音源を聴いてる、音が良いらしいからハイレゾ音源を聴いてるというだけでは音の違いには気づきにくいと私は考えます。

自分で音楽を作って作業したりするような人なら、一曲の中での。EQの0.5dbの違いを比較してどっちが合うか試したり、様々なエフェクトのパラメータを試して聞き分けたりといったことを自然と行っているので耳が鍛えられていくわけですが、そうではない人はどうでしょうか?

天然的にすごく耳がいいという人も稀にいますが、よくわかっていないけど違うように感じる、曲の良さに釣られている、比較している環境が違うからなんか違うように思ったとかそういった事はありませんか?

そもそも日によって耳の調子も変わりますし、右と左で特定の周波数が同じレベルで聴こえていないなんて事も当たり前にあるわけです。

ですからAさんにとっては最高のバランスのイヤホンでもBさんが使うと高域がささるとか最高のバランスではない事があり、人のレビューと自分の聴いた音の印象がまったく違うなんて事も起きてしまっているわけですね。

それはさておき、自分で音の違いを色々試してみるというのは良い事だと思います。

私がやっているように、一つの音源から違うを持つ音源を作り比較してみたり、再生プレーヤーのイコライザーを駆使して各周波数帯の特徴を掴めるようになってみたり。

繰り返していくうちに気づく事があると思います。

※何をするにしても音量のあげすぎには注意です。