B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポータブルオーディオにまつわる日々

■CEntrance DACport (ポータブルDAC) / B.A.L レビュー

CEntrance DACport

f:id:belltoneaudiolab:20170406140839j:plain

知る人ぞ知るメーカーCEntranceのDACportのレビューです。

実はこのメーカーからは新しいDACportHDやDACportableがすでに発売されていてこのDACportは日本では2011年発売と新しいものではなかったのですが、今回あえてこの製品を選択しました。

CEntranceを知っているような人はMusic to Go!の佐々木さん経由という方が多いのではないでしょうか?私もそのクチですしこのメーカーの情報は国内ではとても少ないです。

CEntrance(セントランス)社は、2000年にマイケル・グッドマン氏によって米国シカゴにて設立され、最新の技術を用いた製品の開発を行ってきました。
同社は、Waves、Benchmark、LavryやMackieなど、オーディオ産業のリーディングカンパニー製品を共同開発してきたことで知られています。

この会社の製品で皆も知ってそうなものと言えば、Astell&KernのAK100, AK120系ドッキング専用でESS9018搭載ポタアンのGloveAudio A1で音が大変良いと評判ですがもCEntranceのマイケルが作った製品です。

-----

DACportは音楽の微妙なディテールを表現してくれる最高のステレオ96kHz/24bitのデジタルアナログコンバーター(DAC)です。
ポータブルDACだからと言って音質を犠牲にする必要はまったく無く、ClassAのヘッドホンアンプを採用。
また、接続は大変簡単で専用のドライバー、専用の電源アダプターは必要ありません。
PCと接続するだけで動作します。

デジタルオーディオ変換で最も重要なクロックの品質面では、DACportのJitterGuardクロック管理システムを採用したことにより、10ppm精度のミリタリースペッククロック発振器を使用。

-----

簡単に言えばWindowsでは24/96までドライバレスで使う事が可能でスペックはなかなか良い。
メーカーの公式スペックを見ても国内メーカーでは書いてないような部分も詳細に記載してありメーカーとしての自信を伺う事が出来ます。
前述のA1の評判とかを踏まえても良質な物を作るメーカー、日本ではあまり売れていないというのが私の印象です。

 

価格は結構移り変わりが激しいようで4.4万→6.2万→今は3万しない程度で購入可能です。

 

今回は職場のPCでドライバレス&アダプターレスで使えて音の良いものという選択基準だったのでAndroidで使えなかったとしてもまあいいかという気持ちで購入しました。

サイズとしては小さめのうまい棒という感じで一部ではチクワ扱いされているようです。

f:id:belltoneaudiolab:20170406141041j:plainf:id:belltoneaudiolab:20170406135415j:plain

確かにチクワっていますね、これは。

 

ポータブルDACと謳っているもののDACportにはバッテリーを搭載していないのでノートPCと一緒に持ち運んで使う用途に良いと思います。

 

デスクで使うには物理的に設置するスペースが必要になるので、私のように職場のPCで使うのならDragonflyとかUSBスティックタイプの方が変な目で見られる事はないでしょう。

ちなみにスマホでも使えればいいなと思って試してみましたが、Androidやiphone直では電力不足?で使う事が出来ませんでした。

f:id:belltoneaudiolab:20170406135425j:plainf:id:belltoneaudiolab:20170406135432j:plain

 

電源部が分岐しているケーブルを使ってモバイルバッテリー等で給電すれば動くとは思うのですが、その場合…
スマホ→USBケーブル(OTG)→
分岐1→USBケーブル→DACport
分岐2→モバイルバッテリー

とかハブを使うという形になってあまりモバイルしやすそうじゃないのでオススメできません。

 

結果、DACportは職場PC専用機となりました。
USBはDACport側はUSB-miniです。

f:id:belltoneaudiolab:20170406135427j:plain

 

ちなみにこの製品はイヤホンよりもヘッドホンに主軸を置いた製品だからか出力は6.3mmの通常のフォーンアウトのみになっています。
金メッキ仕様のステレオミニ変換プラグが付属しているのでイヤホンで使う場合も困る事はありませんでしたが装着してみるとなんとなくVAPEにも見えなくもないです。

 

変換プラグでも音の変化があるのでロジウムメッキのものとかも試してみましたが純正の普通の変換プラグに落ち着きました。

f:id:belltoneaudiolab:20170406135423j:plainf:id:belltoneaudiolab:20170406141639j:plain

 

肝心の音はどうなのか?という点ですが、第一印象はとてもクリアーでパワーもあり余裕を感じる良い音というものでした。

 

小型スティック型USB-DACのAudioquest Dragonfly REDと比べてもそれは明らかでした。
Dragonfly REDでは歪みを感じ始める音量レベルでもまだまだクリアーで破綻のないサウンドが聴けます。
2.1VのDragonfly REDに対してDACportは4.4Vの出力レベルなので当然の事なのでしょう。
これなら1770PRO等の高Ωのヘッドホンでもきちんと鳴らせそうです。

 

イヤホンで使う場合の注意ですが、本体のVOLつまみの7時~8時あたりまではギャングエラーがあります。
かなり音量低めのゾーンなので普通に音楽を聴く場合に気になるわけではないのですがそのゾーンを使用する場合はPCを側のボリュームを下げるのが良いでしょう。

 

USBの給電は5Vなのですが内部で昇圧して18V(+/-9)で駆動しています。
一時間も使っていると本体が結構熱くなってきます。
A級動作なのでこちらも当然の事なのですが放熱用ヒートシンクでも置いておきたくなりますね。

 

最初は古い製品だからあんまり音が良くなかったらどうしよう…とか悩んでたりしましたが実際使ってみた感想としてはこの価格のポータブルDAC/ヘッドホンアンプとしてはかなり音質が良い、すごい良いと思いました。
ポタアンで比べるならmojoと同格かそれ以上のポタアン、ポータブルDACで言えばHerus+と同格かそれ以上のものと比べても遜色ないように私は感じました。

 

ただ今買うなら最新のDACportHDがオススメですね。職場のPCで使う=ドライバレスにこだわらないのでしたらより小型でDACはAK4490を搭載していてパワーはこちらの半分ですが値段も手頃です。

 

最新のDACportHDに電源が内蔵されて厚さも倍のDACportableという製品も出ているのですがこちらは350ドルくらいするのでスマホでも面倒なく使えるならこれを買うのもいいかと思い始めています。


■仕様
■デジタル スペック
サンプリングレート96kHz (Also: 44.1 kHz, 48kHz and 88.2kHz)
量子化ビット数24bit (Also supports 16-bit)
接続フォーマットUSB1.1 or 2.0,
伝送方式AdaptiWave CEntrance社独自の USB テクノロジー
内部クロック10 ppm 精度, 1 ps ジッター
コンパチビリティ Mac, windows, Linux

 

■アナログ スペック
周波数特性20Hz - 40kHz +/-0.2dB
ダイナミックレンジ113 dB, re +12 dBu, max gain
THD+N0.0018% / -95 dB (FS, 1kHz)
ノイズフロア 7μV RMS (A-weight), max gain
オーディオアウトプットStereo 1/4" headphone jack
ヘッドフォンアンプDirect Class A, no caps in the signal path
最大出力レベル4.4 V peak / +12 dBu
出力電力1.5W (total), drives 600 Ohm headphones
出力インピーダンス10 Ohm

入力電力USB-Mini
(no external power supply needed)
内部パワーサプライ±9V, super-clean, dual analog rails
寸法4.5" (11.4cm) L, 1" (2.5cm) W, 1" (2.5cm) H
重量72g