B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポタオーディオとかにまつわる日々

■Estron linum SuperBAX リケーブル/B.A.L レビュー

f:id:belltoneaudiolab:20160826174255j:plain


加工済。所有しているのは1番ではないです。

 

■まとめ■
普通に音が良い!
従来の欠点を解消!
基本となるケーブル!

f:id:belltoneaudiolab:20160826174120j:plain

先日Estron linum Bax balancedを購入してずっと使用していてさて今月は何買おうと色々検討していたらなんとeイヤでEstron linum Super Baxの3.5mm MMCX版が限定入荷!という事で即ポチしてしまいました。

元々デンマークから取り寄せようか悩んでいたし値段的にも3万!?安い!そういう感覚でした。
ちなみにEU圏外からのオーダーでは送料込みで267ユーロです。今のレートだと3万だと気持ち安いくらいですが届くまで一ヵ月くらいかかるようなのでそれが発見翌日に三万でという事でとにかく私のテンションはあがっていました。

 

Estron linum Bax 3.5mm MMCX
Estron linum Bax balanced MMCX
Estron linum Super Bax 3.5mm MMCX
これで三本目のEstronが手元に。

 

Estronはデンマークにあるケーブルメーカーで医療用のケーブルやCIEM用の内部配線等も製造しているメーカーです。
Westonのアップグレードケーブルや最近日本に入ってきたmarooのACSシリーズ標準のケーブルがEstronのケーブルだったりします。
LinumシリーズはMusic,Vocal,Baxと三種類ありケーブルのインピーダンスのみの違いで音を変えてるのですが、Baxのみツイストしてあってセパレートに優れているケーブルです。

初めて使ったのはIE80の純正ケーブルが断線した際に購入してMMCX⇒IE2pinの変換アダプタをかまして使っていました。
肝心の音の方はセパレートがとても良くなり左右のクロストークがかなり減りました。

通常のEstronケーブルはとにかく細くて頑丈というのが印象として強くありますが、ケーブルの先での故障つまりプラグ部でのトラブルはちらほら耳にしますね。
私はプラグに負荷がかからないような使い方を心がけているのでどれも今のところ問題なさそうです。

このBaxのスーパーなやつがSuper Baxという事です。私のイメージ的にはBaxを二倍したものという感じで捉えていました。

f:id:belltoneaudiolab:20160826174114j:plain

テーマ的には以下の意図で製作されたようです。

より低いインピーダンス

より頑丈に

より絡まないように

この三点ですね。

 

音的には特に触れていませんが「何も添加していない、何も失われない理想的な伝送」というのがEstronの根本としてあるのでその通りの音に感じました。
ローが強く出るケーブルやらハイが強く出るケーブルとか色々ありますがそれらを含めてパッシブな製品はすべて「元の信号に対して相対的に」という前置きがあるものだと思っています。

ケーブル自体は音を加工するものではなく信号を伝達するものなわけですから100の信号を以下に劣化しないで送る事が出来るのか?に尽きると思います。
ハイが良く聴こえるケーブルは単にローを失っているだけかもしれないしローが良く聴こえるケーブルはハイを失っているだけかもしれません。

Super Baxは全部の帯域をロスなく伝えているように思いますが微かにハイとローが出ているよう(ミッドが微かに凹んでいる)に感じました。
これはノーマルBaxとバランスBaxでも感じたのでおそらくBaxの傾向なのだと思います。

ケーブル自体の音ですが全体的にハイ、ミッド、ローのバランスがとてもよく左右のセパレートもかなり良いです。クロストークもノーマルBaxよりも減っていて音がクリアーになっています。
バランスBaxも使っているのですがこれくらいならSuperBaxでもいいかな?とすら感じました。

f:id:belltoneaudiolab:20160826174117j:plain

プラグはトラブル報告を聞く従来のタイプではなく強固なタイプに変わっています。

Y字の分岐部のスライダーですが従来のBaxでは素材にひっかかってまともに使う事が出来ませんでしたがSuperBaxでは普通に使えるし分岐部から先が捻じていたりしません。◎です。

イヤホン側のMMCXプラグですがノーマルBaxやバランスBax等通常のものよりも少し硬い?ように感じました。使用するイヤホンにもよると思いますがくるくるしないのできつめなのでしょう。

謳い文句でもあるNo tanglingですがケーブル自体も細くて絡まりやすかった部分がかなり解消されて扱いやすくなっています。◎です。

Super Baxは単体のケーブルとしてはとても高いレベルの製品だと思いますがノーマルBaxを所有している人が三万円出して買い替える程か?と言われるとあまりコスパは良くないかもしれません。

ただ強い癖がなくフラットで標準的に使えるケーブルでクオリティの高いものを求めている人や私のような人にはこれ以上ないリファレンスケーブルだと思うので3万は安価であるとも言えます。
今回は12本限定の先行発売的な感じでしたが、そのうち普通に売られるようになると思います。

2.5mmバランスSuperBaxが楽しみです。
待ちきれなければ海外経由で購入するかもですね。
しばらくは2.5mmバランスBaxと合わせて楽しもうと思います。

 

スペック的にはこちら
Connector type: MMCX, T2, (2Pin, FitEarPlug)
Termination: 3.5 TRS (90° angled) and 2.5 TRRS
Version: Super BaX
Length: 127 cm/50"
Impedance: 0.75 Ω
Pull strength of cable: 120 N/26lbs
Microphonics: Almost none, yet slightly more than the BaX