B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポタオーディオとかにまつわる日々

ETYMOTIC RESEARCH新フラッグシップ機 ER4SRと低域強化版ER4XR登場!!

ETYMOTIC RESEARCH イヤホン 新製品 MMCX

f:id:belltoneaudiolab:20160625141159j:plainf:id:belltoneaudiolab:20160625141200j:plain

 

<ETYMOTIC RESEARCHとは>
■Etymoticは30年以上も昔、初めて高遮音性イヤホンを世に送り出しました。
聴覚の研究、検査において独自に開発したバランスド・アーマチュア型ドライバーをイヤホンへ初めて採用し、このBA型ドライバーを高性能イヤホンに搭載するドライバーのスタンダードへと確立しました。
ER4は、Etymoticの音響技術を取り入れて初めて開発した、優れた分解能、高い遮音性を誇るコンシューマー向けイヤホンです。今日では、ER4は、高性能BA型イヤホンのトップモデルとして世界中で認知されています。

 

ヘッドホン祭りのガラポンでエティモTをゲットした私ですがそれくらいからERは気になっていました。

 

元祖モニターホンとしてとても有名ですね。代表格であるER-4Sは1BAでフラットな周波数特性のイヤホンで、装着感が独特で好みが大きく分かれるイヤホンです。
私も聴いた事があるのですが、装着感は問題なかったのですが音は私の好みではありませんでした。

 

端的に言えばレンジが狭い中でのフラットという印象でした。
GOLDEN EARSの聴感補正済みグラフを見ても実際その通りで100Hz以下が下がっているのでそう感じたのだと思います。

f:id:belltoneaudiolab:20160625141205j:plain

f:id:belltoneaudiolab:20160625141203j:plain

それが生まれ変わって接続がMMCXになった&下も出ているという事でとても気になっています。
ちなみに楽器等の販売でお馴染みのサウンドハウスさんが代理店もしていて安心度も高いですね。

 

新製品は二種類あります。
私の好み的にはXRが気になりますね。

 

ER4SR-¥37,584 税込
ER4XR-¥37,584 税込

 

 

f:id:belltoneaudiolab:20160625141211j:plain

●ER4SR
ER4SR(STUDIO REFERENCE)は、原音の再現性を徹底的に追求したフラットな音質が特徴のモデルです。大人気機種ER4Sの後継機種となり、正確無比な音質を追求するユーザーに最適なモデルです。アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用する事で、見た目も音質も理想的なモデルとなりました。デタッチャブルケーブル採用で長く使えるモデルとなります。
<特徴>
■ER4SRは、原音に忠実な音を追求した、ETYMOTICの新たな高精度スタジオリファレンス・イヤホンです。往年の名機「ER4S」の音を受け継ぎつつ、より大きな出力音圧レベルと、一層磨き抜かれた高い原音再生力を実現しています。
■ER4SRには、アノダイズド加工とレーザーエッチングを施した滑らかな質感のアルミ製ボディを採用し、歪の無いクリアなサウンドを実現。
■ケーブルは、ユーザー自身でも交換が可能なMMCX着脱式ケーブルを採用しています。
■ER4SRは、高精度で独自のチューニングを施したバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、20Hz~16,000Hzの周波数帯において、原音を90%以上正確に再生する卓越した周波数特性と高品質なサウンドを実現します。
■周囲のノイズを最大98%(35dB~42dB)シャットアウトする最高クラスの遮音性を実現し、周囲のノイズをほぼ完璧に遮断します。この高い遮音性により、音楽の音量を必要以上に上げることなく、耳に安全な音量で音楽を楽しむことができます。
■ETYMOTIC RESEARCHの専門エンジニアがドライバーユニットを精巧にチューニングし、左右それぞれのイヤホンに搭載されたドライバーの周波数特性を正確にマッチング。また、測定した周波数特性とエンジニアのサインが入ったコンプライアンスグラフが同封されています。

<仕様>
■カナル型イヤホン
■スタジオリファレンス・モデル
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

ER4XR<仕様>
■カナル型イヤホン
■スタジオリファレンス・モデル
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

 

 

f:id:belltoneaudiolab:20160625141213j:plain

●ER4XR
ER4XR(EXTENDED RESPONSE)は、低音の力強さを増した躍動感あふれる音質が特徴です。大人気機種ER4P-Tの後継機種となり、アルマイト加工された美しいアルミ筺体を採用する事で、見た目も音質も理想的なモデルとなりました。デタッチャブルケーブル採用で長く使えるモデルとなります。
<特徴>
■ER4XRは、高い解像度とはそのままに、低音を強調することで、今までのETYMOTIC RESEARCHには無い、躍動感あるサウンドを実現した最上級リスニングイヤホンです。
■中域と高域においては、原音を色付けすることなく正確に再生。存在感のある低音に決して埋もれることなく、音の一つひとつを鮮明に聴くことができます。
■ER4SRと同様に、アノダイズド加工とレーザーエッチングを施した滑らかな質感のアルミ製ボディを採用し、歪の無いクリアなサウンドを実現。
■ケーブルは、ユーザー自身でも交換が可能なMMCX着脱式ケーブルを採用しています。
■ER4XRは、高精度で独自のチューニングを施したバランスド・アーマチュアドライバーを搭載し、20Hz~16,000Hzの周波数帯において、原音を90%以上正確に再生する卓越した周波数特性と高品質なサウンドを実現します。
■周囲のノイズを最大98%(35dB~42dB)シャットアウトする最高クラスの遮音性を実現し、周囲のノイズをほぼ完璧に遮断します。この高い遮音性により、音楽の音量を必要以上に上げることなく、耳に安全な音量で音楽を楽しむことができます。
■ETYMOTIC RESEARCHの専門エンジニアがドライバーユニットを精巧にチューニングし、左右それぞれのイヤホンに搭載されたドライバーの周波数特性を正確にマッチング。また、測定した周波数特性とエンジニアのサインが入ったコンプライアンスグラフが同封されています。

<仕様>
■カナル型イヤホン
■低音強化モデル(Extended Response)
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

●ER4XR<仕様>
■カナル型イヤホン
■低音強化モデル(Extended Response)
■ドライバー:バランスド・アーマチュア×1基
■再生周波数特性:20~16,000Hz
■インピーダンス:45Ω
■感度:98dB(@1kHz、SPL at 0.1v)
■最大出力音圧:122dB SPL
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル:約1.5m(着脱式)

<共通の付属品>
■イヤホン本体
■1.5m着脱式ケーブル、3.5mmステレオミニプラグ(金メッキ)
■6.3mmステレオ標準変換プラグ
■イヤーチップ各種
■フィルターチェンジングツール
■シャツクリップ
■専用ポーチ
■コンプライアンスグラフ(エンジニアサイン入り)

f:id:belltoneaudiolab:20160625141208j:plain