B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポタオーディオとかにまつわる日々

インピーダンスについてあれこれ雑文

日記的

f:id:belltoneaudiolab:20160304114433j:plain

イヤホンやヘッドホン、ポタアン等で耳にするΩオーム。
ポタオタの人なら理解している人は多いでしょうが、よくわかっていない人は多いのではないでしょうか?

 

私がいい例ですね。
先日友人Aとインピーダンスの話になったのでまとめてみました。

 

◆impedance=「交流抵抗」とは?
交流回路での電圧と電流の比。単位は抵抗と同じくΩ(オーム)が用いられる。

 

?????
よくよく考えれば私はギターをやっていたのでロー出しハイ受けやMarshallのスピーカーアウトとキャビの入力は一緒にしないとダメ!とか簡単な概念を学んでいてハイハイあれの事ねと思いだしました。

 

パッシブピックアップのギターはハイインピーダンスでの出力なのでノイズを拾いやすい。
アクティブピックアップのローインピーダンスなのでノイズに強い!
という程度の解釈でしたが、間違っていないでしょう。

ポータブルオーディオではこのイヤホン、ヘッドホンは何Ωというのは比較的わかりやすいスペックではないでしょうか?

実際にはインピーダンスが低いイヤホン、ヘッドホンは音量がとりやすい。

ベイヤーのようなインピーダンスが高いヘッドホンは音量がとりにくいという認識だと思います。
音量にはそこに音圧感度も関係してきますがここではおいておきます。

 

■ハイインピーダンス
電流-多い
電圧-低い
信号を送るパワーはあるもののノイズには弱い

 

■ローインピーダンス
電流-多い
電圧-低い
信号を送るパワーは小さいけどノイズには強い

 

■ロー出しハイ受けって?
出力側の方が低いインピーダンスで入力側の方が高いというのが信号伝送の基本。

 

ポタの流れだと


DAP<ポタアン<イヤホン・ヘッドホン


の順番にインピーダンスが上がっていけばよいわけです。


ここが逆になってしまうと…
高いインピーダンスの信号がそのまま通り抜けることが出来なくなるので、信号の一部が欠けたり形が変わってしまう状態になります。
つまり劣化してしまうという事です。

簡単に言えばこういう感じですね。
インピーダンスが高いイヤホン、ヘッドホンはリケーブルをしてもその影響を受けにくいわけです。

逆に言えばインピーダンスが低いイヤホンはリケーブルの効果が大きいともとれますが、ノイズの影響も受けやすくなりなるのでその辺は好みにもよるのかもしれません。

私が気にしているのはDAPの出力インピーダンスってどうなってるの?という所です。
イメージ的にはDAPの出力インピーダンスが低い方がいいの?と思うかもしれませんが必ずしもそうとは言えないのがオーディオの難しいところですね。

 

monoadcさんのブログの方にとても参考になるデータが記載されているので紹介しておきます。

 

インピーダンス関連とDAPの出力関連が気になる今日この頃です。
ibasso DX90jが気になっていますが、あの液晶だけもっと綺麗になったものが出ないでしょうか…