B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポータブルオーディオにまつわる日々

■イギリス発!新イヤーピースCrystal tips/レビュー(追記あり)

f:id:belltoneaudiolab:20160121165531j:plain

Crystalline audio Crystal tips

ポータブルオーディオニストにとってイヤーピース探しというのは人生の伴侶を探すに

等しいと言っても過言ではないくら永遠につきまとってくるテーマである。

 

イヤーピースは主に3種類に分類される。

従来のシリコンタイプ

コンプライに代表されるフォームタイプ

中間とも言えるハイブリッドタイプ

音質か遮音性か両方か両端である。

近年ではwestoneに代表されるような耳型を採りオリジナルのイヤーピースを作るというカスタムイヤーピースも登場してきたが財布には優しくない。

 

スパイラルドットをつければ音が漏れ、コンプライをつければ遮音性と引き換えに籠った音に耐えハイブリッドにすればどちらも中途半端だったりとする中で登場してきたのがイギリスメーカーCrystalline audioから登場した最新鋭のイヤーチップCrystal Tipsである。

ちなみに筆者はコンプライとmonsterのsupertipsを愛用している。

 

 

f:id:belltoneaudiolab:20160121165452j:plain

サイズはS-M-Lの三種類のコアサイズ(ステム)がSとMの二種類。

イギリス直販で3ペア送料込み約2100円。

船便輸送で約二週間程かかった。

 

新時代のイヤーピースを筆者が早速試してみた。

IE80に使用するのでサイズはMでコアサイズはM。

素材自体はコンプライのフォームと同じような感触で素材を潰した時の復旧力はコンプライ以上。抗菌処理もされているとの事で長期の使用でも安心して使えるのには好感を持つ。

 

肝心の音だが、コンプライを使用した時と違いローがサウンドを圧迫しないで全体的にバランスの良いまま気持ち締まった低音を出してくれる。

中高域上はややすっきり見通しの良い音。

コンプライとの量差は聴感1dbあるかないかと言った違いだろう。

 

しかも遮音性はコンプライと同等。

耐久性は今後の経過を見ないとだが2倍程度は持つと謳っているので期待してもいいだろう。

 

コンプライの音に不満を感じつつも遮音性を優先してきた筆者のようなユーザーにとってこれ以上のものは現在ないだろう。これは間違いなく「買い」である。

興味を持った読者は、是非一度直接注文して見て欲しい。一聴する価値のある製品だ。

とレビュー風に書いてみます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■

16/06/01

この記事を書いてから結構時間が経ったので再評価。

やはりコンプライ系のイヤーピースの中では頭ひとつ抜けている実感がありますが、CrystalTipsも消耗品。

コンプライと同じように劣化、破損はするので交換し続けていかないといけないけど、ポチってすぐ届くわけではないので結構使用をためらってしまう事が多々ありました。

リピートする事は確定しているので次買うならある程度まとめ買いしようかと思います。たまにセールをやっている時があって4ユーロ安くなってたりとかあるので気になる方はチェックしてみるといいと思います。

■■■■■■■■■■■■■■■■■

16/9/8
ユーロが結構安くなっていたので夏くらいにコアサイズMのSML全サイズを再オーダーしました。
色々なイヤホンで使っていますが耐久性に関しては結構弱いなコイツと思うようになってきました。

イヤホンによっては対応コアサイズでも結構きつかったりするのですが、普通に根元から上に引っ張って外そうとしたりすると中の芯はステムにくっついたまま外周部だけがとれそうになるのでその結果中の芯と周辺部の接着がとれてしまいます。
外すときは根元の芯の部分を爪なり道具なりで丁寧に外すようにしないといけません。

その辺コンプライはもう少し雑に扱って大丈夫です。
あとコンプライは適当に潰して耳の中に挿入すれば中にフィットした形に戻っていくのですが、こいつはその嵌め方をしていくと劣化が早くボロボロになっていきます。

一度つけると外す時に破損させちゃうかも…という気持ちになってくるので基本外さないように使っています。

これだけ書くとコンプライよりも耐久性が悪くいまいちじゃないかと思われてしまうのでしょうが、やはり音に関してはコンプライとは一味違うので重宝しています。

私のイヤーピースの選択方法としてはまず純正のイヤーピースをつけてのフィットを確かめます。
フィットしない→とりあえずフィットするものを見つける。
フィットはするけど音を変えたい場合
スパイラルドット→コンプライ→FINAL Eタイプ→MONSTER TIPS→CRYSTAL TIPSという順番でつけてみて好みの音に近いものを使うようにしています。

コンプライでは籠ってしまう。スパイラルドットやFINAL Eタイプではローが足りない。

私の場合、そういう時にこのイヤーピースを使う事が多いかもしれません。
私の扱い自体が基本的に雑という点を除けばとても良いイヤーピースです。