B.A.L

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Belltone Audio Lab.

Belltone Audio Laboratory Twitter:@belltoneaudio ポタオーディオとかにまつわる日々

ビジネスと演出と脚色とウソと。

日記的

今日はただただがっかりした話。

 

芸能界や音楽業界には脚色や演出という名のウソがありふれているのは常識なのだろうか?

 

私がここ10年以上聴き続けているとても大好きな曲がある。
当時インディーズのバンドで私自身縁もあり関わる事が出来てそ存在を知る事が出来たのだが、今聴いても名曲と言える素晴らしい曲。

 

自分達でレコーディング、ミックス、マスタリングまで行って制作してCDRにコピーしてライブに来たお客さんに無料配布していた音源に収録されている曲だ。

 

音源自体のクオリティは決して良いとは言えないが名曲なので何度も何度も聴きたくなる音源だった。
ちなみに作詞作曲はそのバンドのギターボーカルである。

 

そのバンドが解散した後もその曲が好きで好きで今でもよく聴いていたしギターでコピーしたりしていて馴染み深いものだった。

 

その大好きな曲がつい先日テレビを見ていると映画のコマーシャルで流れていた。
どうやらその映画の主題歌のようだ。
歌っているのは聴き慣れた彼らの声ではなく私がファンでもあるまったく別のアーティスト。
しかし曲名は同じ。

 

その曲を作った彼は以前に音楽業界でやらかしちゃって一度干された人物なのでさすがに表舞台には出てこれないだろうなとその曲の歌詞の詳細を確認してみる。

 

作詞作曲:歌っているアーティストA

 

とても有名なアーティストなので曲を作った彼が名前を変えて活動しているわけではない事は一目見てわかった。

 

ここでがっかりした事は2つ。

 

一つ目は私が大好きだった彼が復活したわけではなかったこと。

 

二つ目はその曲を今歌っているアーティストが自分で作詞作曲を行っていないアーティストだったということ。

 

歌詞は多少手を加えているが元の歌詞から改変されていてチープなラブソングに変わっているがメロディは全く同じ。
アレンジは大きく違うが共通している部分も大きい。
恐らく映画化するのに合わせていじったのであろう。

 

ちなみに当時好きだったメンバー達がこのアーティストに深く関与している(作った人物ではない)事は以前から知っているので単なる盗作といったオチではないであろう。


単純にオリジナルを作った人物がその曲の権利を売ったのかクレジット表記上はそのアーティストAになっているが契約上は作者当人になっていたりするケースかもしかしたら私が嘘をつかれていただけで深く関与しているメンバーがオリジナルを作った可能性としてはある。
まあ他にも考えられる事は幾らかあるが…

 

どちらにしてもそのアーティストAが自分達で作詞作曲をしたわけではないという事だけは事実なのだ。

 

今まで作詞作曲も行ってきたとそのアーティストAのファンは信じているだろうしで真実を知らないファンはこれからも疑念を抱く事はないであろう。

 

ただ真実を知った私はとてもがっかりな気持ちで胸がいっぱい。
あのアーティストが他の曲は自分達で作っているとは到底思えない。
全部はあの裏方が作り上げイメージを演出して売り出してそれが成功しただけのアーティストなのだろう。

芸能界や音楽業界のすべてがそうというわけではないし、正直もっと酷い話も今までにはあったしここでは書けないような出来事もあるので今回の話は部類としてはまだ可愛い方の部類だと思う。
ただ好きなアーティストが自分たちで作っていないという事実はやっぱりがっかり。

 

所詮はビジネスという事か。
元々話題性で売ってきたようなアーティストだし(曲はもちろん良いが)あれやこれやとエピソードを付加価値としてつけるのもいいが、今回のあの曲は最初から名曲だったし余計な事をしなくても売れる事は確定しているわけで余計は改変はいらなかったのではないだろうか。
仮に最初から彼らが自身で作詞作曲していなかったと公言していたとしても私はファンだったと思う。

オリジナルを作ったであろう彼は彼で表舞台からいなくなった今は何をしているのだろう?
今となっては彼がやらかしたという事すらも演出である可能性すらあるが(事実もある事もわかっているが)誰が作ったものであろうとその音源に詰まっている楽曲の良さやら音の良さ自体が変わるものではない事は事実だ。
虚言癖とレッテルを張られた彼の事を今でも私は好きでいる。厳密には彼の作った作品が好きである。。
真実は見えないままだし結局のとこ彼がどんな人物であろうとその事実だけは変わる事はないのだろう。

 

今ここに書いてあるような事なんて普通に音楽を聴いている人はまったく考える事なんてないだろうし考える必要もないと思う。
これはセンチメンタルになって書き殴った戯言。

 

嘘や矛盾で汚れた世界は消えなかった。

 

それでもハッピーを。

2017の始まりとライブと階段落下と。

日記的

2017年も始まり新製品の話も色々出てきているのですが、忙しさも相まってだらだらとしています。
mojoにつなぐpolyは高いのでスルー。LEARのMMCX bluetoothkケーブルはaptX対応してないので見送り。DX200は高いしとりあえずスルー。X5IIIは気になる。ONKYO小型DAPも気になる。JHのパフォーマンスシリーズが気になる。SHANLINGのUPが気になる。qdcが気になる。新しいカスタムも気になる。

とりあえずはそんなところです。
色々と視聴する機会もありましたが、これぞ!っていうものがなく完全に思考がJH回帰しています。

そして先日はちょうど時間が合ったという事もあって代々木laboに出演するamuのスタッフとしてお邪魔してきました。
なのでリハーサルからずっと居る事が出来ました。

1/14(SAT)
bayfm NEXT POWER ON!LIVE Vol.31
KABUKIMONO11/Minstrel/amu
OPEN 17:30 / START 18:00

この日はbayfmとKABUKIMONO11との協賛企画という事で他の出演者も実力者達が集っていました。
前回はKABUKIMONO11を初見で見て後にCDを購入するくらい好きになったわけですが、今回初見だったMinstrelもリハを見てかなりかっこよく好きになりました。
なかなか個性的なギターとベースを使っていたのですが、後で聞いたところNeko guitarsというメーカーのものを使用しているとの事でした。
ハードなギターサウンドにシンセサウンドが乗りそこにボーカルの歌が乗っかり世界を広げていっているバンドという印象です。
楽器隊は安定して弾きまくってるし歌は上手いもののボーカルさんはライブ経験はまだ浅いような気がしました。これからが楽しみです。

amuバンドはいつもとメンバーがちょっと変わっていました。
上手ギターは名門バークリー卒のスタジオミュージシャンの泉さん。

下手ギターは私の師でもある静岡のドン、後藤紀人さん。

ベースはナノさんや多数のアーティストのバックでベースを弾かれているKei Nakamuraさんです。
個人的に今一番好きなベーシストで私が見るアニメが幾つかあればその中の主題歌のどれかをほぼ100%弾いています。

ドラムは初対面の方で裕木レオンさんという若手売れっ子イケメンスタジオミュージシャンの方でした。
ちなみにライブではFitearの335を使用していましたが、こちらは市販のものではなくプロオーディオシリーズの35でした。

使い勝手や満足している不満な点を聞いてるとWESTONEのAMシリーズのようなアンビエントも聞く事が出来るカスタムの方がライブ用途では需要がありそうですね。

最近のバンド談義やら機材談義やら色々花を咲かせ楽屋に戻り音楽談義をしていたところ楽屋から1Fのステージ裏手に繋がる階段から見事に落ちました。
落とし穴に落ちたような感じです。
完全の自分の注意ミスですが身体が痛いですね…

それはともかく良いライブを見せて頂き色々話す機会を与えてくれたamuくんに感謝です。

年末とShanling M1とアレコレ。

雑感 レビュー 日記的

f:id:belltoneaudiolab:20161229140824j:plain

もう年末ですね。
当ブログをチェックしてくれた方々には心から感謝致します。
相変わらず仕事仕事です…

まずは中途半端なM1購入レポから


尊敬するSandalさんのレビューを読んで欲しいなあと思っていましたが、私もついに購入しましたM1!

 

正直、上のSandalさんの記事を読めば私がレビューする程の事は特にないのですが買ったからには実際に使用した感じを書いておこうと思います。

 

操作感は独特で左側のボタンと右側のホイールで行います。

UI自体はFiioやCayinのDAPを使っている人ならなんとなくで操作できるレベルです。
というか同じです。

 

USBトランスポート機能があってBluetoothが送受信で使えてUSBがType-CでSD出来るの読み込みが速いというのが気に入りました。

 

PC→M1
スマホ→M1
M1→DragonflyRED
M1→スマホ→DragonflyRED


色々な使い方が出来て地味に便利です。
ただaptXでも結構な音の劣化を感じますね。
倍の値段でもいいのでこのサイズでaptXHD対応で液晶がタッチ式のが出ないかなあと密かに期待しています。

 

付属のケースも腕に装着可能なださいバンドが意外と使い勝手よくてバンドじゃなくて革紐とか長いチェーンをつけて首からぶらさげてもいいかなと手頃なものを探し中です。
東急ハンズとか見てみましたけどまだ見つかっていません。

 

音自体も値段の割には良く音量もまあまあ取れるので満足度は高いです。


音のとりにくいXiaomiのHybrid ProHDでハイゲインモードで85くらいで音量そこそことりやすいカスタムでは60くらいの音量で使用しています。

 

不満を言えば曲をいっぱい入れてると選択がホイールのみなのでかなりクルクルしないと目的の曲まで辿りつけないのが不便なくらいですね。
結構お気に入りです。

 

そして2016年もそろそろお終いです。
このブログを始めたのは今年の1月の事でした。
思えば自分で始めたくて始めたというよりはオーディオ好きの友人Aを焚き付ける為にサプライズで始めてビックリさせたところまでは良かったのですが、面倒くさがりなのは変わらずでブログを引き継いでくれなかったのでそのまま私が続けているというのが現状ですね。

 

その頃にはまさか自分が何個もイヤホンを買ったりDAPを買ったりカスタムを作ったりなんて事はまったく想像もしていませんでした。
周囲のバンドマンや作家さん達もオーディオに対してそこまで興味がある人はほとんどいないし私自身もIE80と900STとパワードモニターで充分と思っていたクチです。
結果として友人Aに引きずりこまれたような気がします(笑)

 

当初のブログの予定というか目的としては普段の友人Aとのやりとりを記録として残すというかハイレゾ音源と通常音源の比較音源を用意して比較してもらうとか考えていましたが、サーバー用意したりと手間もあるので手つかずでした。

 

来年は当Belltone Audio Laboratoryオリジナル楽曲の音源をmoraとか配信サイトで配信したりするのもありなのかもと思っています。
ハイレゾで配信できるのはmoraくらいで後の配信サイトではaac320kのようなのでそこも悩むとこです。
趣味的に音楽を楽しむものならハイレゾじゃなくても構わないと思いますが、音質をチェックするとなるとハイレゾの方がいいですから。
とにかく最近は仕事が忙しくて家で作業したりっていうのができないので時間との兼ね合いですね。

 

実際にどうなるかはわかりませんがレビュー等は続けていきますので引き続き来年もよろしくお願い致します!